« のりものいろいろ体験ツアー | トップページ | たまには線画表示(w »

2005.02.22

ごーまんかましてよかですか

というわけで、ラストランまであと1ヶ月強となったこちらの話題をひとつ。



以下個人的意見。
理由として客足減少が盛んに強調されてますけど、客足を引き留めようとする努力が全然見えなかったのにも拘わらずそーゆーこと言われてもちょっと、なぁ…と。
寝台列車のニーズ自体が減少しているのは確かですが、(個人的にはキライだが)カシオペアが受け入れられているように、まだアプローチの仕方如何によっては可能性を秘めた市場であったと思うのですよ。航空機だのバスだのが価格破壊とサービス向上を進める中で、竿竹屋の如くン年前と同じ値段・同じ設備でやってたら客が集まらないのは当たり前じゃないですか。結果、厄介者扱いされてあぼーんじゃ列車も浮かばれませんよ。


わたしは旧型車至上主義者というわけではありませんし、世俗は時代に合わせて変わってくものだと思っているので普段なら車両の入れ替えとか廃止とかは割とサラッと流すところなのですが、今回はなぁ………ちょっともにょってます。

|

« のりものいろいろ体験ツアー | トップページ | たまには線画表示(w »

コメント

2月末で廃止だから実はもう1週間切ってたり…
会社帰りに様子見に逝こうかな?と思いつつ結局忘れてたりも…

投稿: 訓@うち | 2005.02.24 00:19

…1ヶ月間違えてましたゴメンナサイ。_| ̄|○

そうなるともうホントにあと数日なのですねぇ…実は生まれて初めて乗った寝台列車が今は幻の「あさかぜ1号」だったのでよけー寂しさを感じますよ…(自分的鉄道趣味最盛期の頃だったのでよけーインパクトが強かったのさ)。

投稿: あやみん@元締めさん | 2005.02.24 22:27

「あさかぜ」は山口、北九州へ行くのに便利なので割とコンスタントに利用してました。
朝の通勤時にはよく見ていましたし。確かに乗車率は悪かったですね・・・。

個人的には寝台特急(夜行列車)の衰退は国鉄民営化の陰の部分だと思うんですよね。
確かにJRになってサービスが向上したとか言われますし、実際にそのとおりだとは思いますが、一方で「分割民営化」は各社の利害がまたがる寝台特急(特に九州ブルトレ)に致命的な影響を及ぼしたのではないでしょうか。

距離に応じて配分される収入(確か)は、盟主たるJR東にとって「北斗星」「トワイライトエクスプレス」はともかくとして、九州特急をどうにかしようとモチベーションにはなりえなかったわけですね。寧ろ、朝の上りなどダイヤの邪魔者でしかない。
さすれば、東海か西あたりに頑張ってもらいたいところですが、(新幹線の恩恵を受けにくい)静岡対山陽・九州の需要が見込めるはずの東海は新幹線しか見えていないし、ローカル線を大量に抱える西日本には財政的な余裕がない。
その意味では、「サンライズ」を送り出せただけでもよしとしなければならないのでしょうか・・・。
個人的には、夜行列車はJR貨物の管轄にするくらいの思い切りのよさがあってもよかったと思っています。

私も決して旧型車至上主義者ではありませんが、やっぱり懐かしむ気持ちはあります。さすがに20系の3段ハネは勘弁して欲しいですが、開放式B寝台のまったりぶりは今でも好きですし、食堂車も好きだった。10系寝台車には、一度でいいから乗ってみたかったなぁ。

というわけで、長々と失礼致しました。ネタ枯渇気味の自分の日記に書けばよかった(爆)。

投稿: 徐 直諒 | 2005.02.25 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごーまんかましてよかですか:

« のりものいろいろ体験ツアー | トップページ | たまには線画表示(w »