« blog雑感 | トップページ | カウントダウン »

2005.09.22

デジタルペン先話

ふと思い立って(つーかふと思い出して)、今さらいんつおすのペン先を換えて遊んでみました。

まず、一部に根強いファンが多いというフェルトペン先。摩擦係数が高く、より鉛筆に近い描き心地とのことですが…確かに描きいいや、コレ。タブレットでの絵描きには慣れてはいるのですがやはり出せない「手が覚えている」アナログ感覚が少しは出せる感じ。ただ、ペン先及びマットの摩耗が激しそう。あと、わたしは絵描き以外の作業もタブレットのペンのほうでやってしまうことが多いのですが、そーゆーときにはかえってペン先のひっかかりがウザいですな。

あとはストロークペン。こちらは強弱がつけやすいペンということで、筆系のブラシに最適とか。確かにタッチはGペンに近い感じですが、やっぱり「ため」が効かないんですよねぇ…。ブラシ設定をいじればいい感じになりそうな気もしますが、それならフェルトペンのほうがいいかも。何かすぐぶっ壊れそーだし。(w

そんなわけで、フェルトペン先を買いだめしておこーかなんて思ってみる今日この頃。そう店頭に置いてあるものでもないのでお取り寄せになるんだけどorz

|

« blog雑感 | トップページ | カウントダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルペン先話:

« blog雑感 | トップページ | カウントダウン »