« 学会の1日にっき | トップページ | ゆーるーせーなーいー! »

2006.05.10

先月分のえいがにっき

というわけで。先月公開分にあまり食指が動かなかった上に連休公開分に気になるのがいくつかあったため、延期になっていた「月一映画」の4月分です。

今月のネタ…「LIMIT OF LOVE 海猿
ちなみにわたし、前作もテレビ版も見てないです。基礎知識もさっぱりこ。船がネタだったから観に行ったよーなもんで。
『大和』と比較してやろーかと思っていたのですが、舞台が現代なぶん、こっちのほうがある意味怖いかも。特に、フェリーは自分にとって結構使用頻度の高いのりものであるため、よけー怖いとゆーか心が痛いとゆーか。

で、内容について。今回はネタばれ書きませんのでこのまま行きます。
前述の通り、人物関係のバックグラウンドがさっぱりなのですが、それでもストーリーは理解できました……ストーリー、は。やっぱりキャラに対する理解及び思い入れがないので、特に惚れた腫れたのシーンが……すいません、申し訳ないですが逆にウザいくらいでした。そーゆーシーンになるとガクンと話のテンポと緊張感が落ちるからよけーに。

ただ、劇場で観てよかったなぁ…と思えたのが、音響。あのフェリーの船底から響くような重たい金属音(乗ったことある人なら分かると思いますが、アレ)……アレが見事に再現されているだけによけー不気味で現実味があって。すごいです。

そんなわけで、作品のバックグラウンドを知っている人にはおすすめ。そうでない人も、それ以外の怖さとか緊張感を味わうのに徹すれば相応な満足感は得られるかと思いますが、やはりいろいろ解っていて観ている人々とは話の捉え方の深さが違うのだろーなぁ、と。
中途半端に続きものを観るのは、意図する内容を存分に味わえないという点で作品に失礼な行為であるのかもしれないと思い、ちょっと反省しましたです。


ちなみに、今年観ている4作品の中で最も周囲のすすり泣き率が高かったです。

|

« 学会の1日にっき | トップページ | ゆーるーせーなーいー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先月分のえいがにっき:

« 学会の1日にっき | トップページ | ゆーるーせーなーいー! »