« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.24

4月ぶんのえいがにっき

今回のネタ:俺は、君のためにこそ死ににいく


前評判を聞いた感じでは、キャラを掘り下げようとして失敗した系の「自分的地雷タイプ戦争映画」かと思って警戒していたのですが、意外に淡々とした人物描写でして、いい方向に期待を裏切られました。個人的には去年観た戦争映画2本よりは評価高いです。

<このへんから毒舌及びネタバレ>
ただ………後日談みたいな部分は蛇足だよー。アレは、観た人間が自分で見出だすべきところであって、セリフにしちゃいけない部分だと思うですよ。制作者側はリードはしても答えを提示しちゃいかんと思うし、またそれを見出だせない人間はコレ観ないほうがいいと思います。
それまでのリアル感を放り投げたあまりにもファンタジー寄りな演出も相俟って、正直あの辺でかなーり冷めますた……。

でも前述の通り、(時間比)8割の部分は観ていて何度か涙腺緩みかけました。これは、去年の夏に知覧に行って、特攻平和会館(と廃線跡)を見ていることも大きく関わっていますねぇ…。上手く言えないのですが、ン十年前のその地にそのような若者たちがいたということは忘れてはいけない事実でありますし、彼らと何の関わりも持たない現在のわたしたちが知り、記憶として伝えていくことこそが、まさにあの蛍になった絵描きさんが井戸端で語っていた「生きた意味」になるのではないでしょうか…?

</毒舌及びネタバレ>

あと、個人的に鼻血噴きそうになったのが、食堂のシーンで時折聞こえる汽笛と機関車の音!南薩鉄道知覧線ですよー!たとえ映画の中であっても、こうさりげなく甦ってくれると何かもう…廃線ヲタとして感無量です。なのでこの際、走行シーンのC11が知覧に着いたらC10になってたとかゆーのは見なかったことにするのです。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

3月ぶんのえいがにっき

今回のネタ:眉山


なんぼなんでもサボりすぎですが何かorz

というわけで、方針を「年間12本」に変更の上、継続。故に順番的には3月ぶん。
んで、今回のネタは上映時間がいちばん都合よかった、という理由で行き当たりばったりに選んだわけですが…うーん、悪くはないけどまぁまぁ、みたいな。


<この辺からネタバレ>
今回は、どーにもやっぱり「血のつながっている父ちゃん」が許せなくって、ダメでした。結果の見えているぶん、あの手紙も白々しく聞こえるし、良い人ぶって裏ではナニやってんだよコイツ…とか思ってしまうわけでして。
ワルぶってワルやってるとか、人生に疲れて自棄っぱちになって墜ちてゆくタイプの不倫話は(フィクション上は)キライじゃないんですよ。そーゆーのナシで純愛クサくみせといて結局最後は気弱に現実を取る、ってのが何といいますか…自分の中でいちばん嫌いなタイプの「不倫男」でして。アレですよ、「やっぱり妻を裏切れない」ってセリフがまさにその辺ジャストミート。もう許せん。お龍さんが許してもわたしは許せん。(w やるんだったら開き直るかヤケクソになるか、とにかく何か「覚悟」を決めて不倫してくれよorz
そんなわけで、自分には向かなかった話だなぁ、と。

</ネタバレ>


阿波おどりのお祭りの迫力はさすがでした。しかし、盛り上がりとか事前の仕込み(?)にかける情熱なりパワーなりは変わらないもののはずなのに、自分たちにとっての「祭り」はアングラ的扱いから抜けられないことに悔しさを感じたり。
とにかく、そーゆーみんなでワーっと楽しめる催し事がある徳島の皆様が羨ましく感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.19

拍手レス

遅くなりましたが。


>初めてきました。ツボにきます・・・。
あ、ありがとうございます〜。数は少ないのですけど、楽しんでいっていただけましたら作り手としてこれ以上嬉しいことはありませぬ。

>のりもの学会・・・はい、こちらこそありがとうございました。あやみんさんに、そして参加された全ての人に
来年からGWに何すんべ…とか今から思っていたりしますが。とにもかくにも、の学がなければ鉄道系で同人やってなかったと思うので、「発表の場」ということだけでなく本当にいろいろなものをわたしにもたらしてくれた貴重なイベントでした。

>本作りお疲れ様です、無事完成しましたでしょうか。イベント、一日楽しんできて下さいね。(13日朝)
何とかできあがり、楽しんで参りましたー。体力的には苦しいんですけど、気分的にはものすごく楽しいので、やめられません。(w

>ひぐらしおんりーお疲れ様でした。(中略)こっそり買わせていただきました
あーどうもお久しぶりですっ!その節は大変お世話になりました。そんなこっそりと言わずに是非お声をおかけくださいませー。


あやみんねっとでは引き続き貴方の拍手とひとことをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

春の繁忙期お疲れさまにっき

0705041大変遅くなりましたが、4日の「東京のりもの学会」、および13日の「雛見沢村綿流し祭」に参加された皆様、お疲れさまでした。


学会は今回でひと区切りということで、最後の盛り上がりがもう…鼻の奥が痛くなりましたよちくしょー。
今回は、ポスターの他にも記念誌のほうでもいくらか企画にお邪魔させていただいたりしてしまいまして、その点でも思い出深いものとなりました(座談会での喋れなさっぷりは情けない限りですがorz)。
そーいや今回のポスター、元ネタわかった方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか?ちょっとハズしたかー?とドキドキしてたりする小心者です。
とにもかくにも、中の人の皆様を始めとする全ての参加者さまにお疲れさまと感謝を、です。
#架け替えに伴い、トップページに置いていたお疲れさま絵をこちらに持ってきました


んで、綿流し。人が思ったより多くてびっくり。ただ、そのためいらした方とあまりお話できなかったのが残念でした(いや、通路が混雑していたという意味で)。鷹野小此木本を手にしてしまった方に話しかけまくりたくてウズウズしながら裏で製本してました本当にありがとうございましたorz



これで8月までとりあえずイベントは一段落です。何だか気が抜けますが、たまにはアウトプットだけでなくインプットも…ということで、ぼちぼちやっていこうと思います。
サイトもまた少しいじくりたいなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »